会社の設立

定款

会社を設立したいと思って色々と手続きをしていくと定款(ていかん)というものに出会います。会社に取って必要不可欠な物で手続きの際にも結構時間がかかるもののようです。。と書いてもどのようなものかわかりませんね。この定款という物いったいどのような物なのでしょうか、会社設立とどんな関係があるのでしょうか。調べてみたいと思います。

定款って?

さてこの定款というもの実際にはどういった物なのでしょう。これを調べてみると、会社の活動や規則に関してのルールを決める物と言った感じでした。

会社の法律みたいなものでしょう、そしてこの定款は会社を設立するときには絶対作らないといけない物でもあるようです。確かに決められたルールは会社でも学校でも存在しますが、会社を設立するときに定款というもので決定していたのですね。そしてこれには、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項という物があるようです。

定款で決めること

上で書いた絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項を決定していく必要があります。それぞれの特徴としては、

絶対的記載事項=定款に絶対に記載しなければいけない物のことを言います。これの内容としては、会社設立の目的、会社の名前、会社の住所、発起人の住所氏名などを記載するようです。

これは住所や名前目的など会社をする上でも必要になってくるし、絶対に必要になる物だと思うので、定款に記載する前にすでに決めている人も多いのではないかと思います。

相対的記載事項=定款に書かなくても定款自体の効力には問題はありませんが、これを定款に記載していないと効力は無いと言う物です。これの内容としては、設立費用や発起人の報酬、などお金に関する事が多いような気がしますが、実際の所はどうでしょう。

任意的記載事項=定款に記載してもしなくても、いいものですが、これを定款に記載することで会社の規則としての意識が強くなると言った感じです。

定款の認証

定款の記載が済んだら、プリントアウトして社員に配って終わりと言うわけにはいきません。定款の認証という物があります。やはり会社の規則でこれからもずっと使っていく物ですから、しっかりと作成しなければなりません、そこで認証をするのです。

では何処で、誰に認証して貰うのかと言うと、公証役場と言う所で公証人の方に認証を貰わなければならないようです。

この定款の認証をしてもらうのも何処の公証役場でも良いと言うわけではなくて、会社を設立しようとしている都道府県で認証をして貰わなければならないようです。この審査も結構厳しいみたいで、書き直しなんてなったら大変のようです。ですので慎重に確実に書いていくのが良いと思います。

recommend

ブルガリ 買取

最終更新日:2016/6/15