会社の設立

新会社設立法

平成18年から施行されたもののようで、会社設立についての色々なことをまとめていろ法律ことのようです。新会社設立法というぐらいですから、旧会社設立法もあるのでしょうか?そしてこの会社設立法でまとめられている法律と言うものにはいったいどのような物があるのでしょうか。調べてみたいと思います。
会社の防犯に不安はありませんか?防犯カメラは必需品ですよ。

新会社設立法って?

この新会社設立法ですが、もともとは旧会社設立法というものでもなく、会社設立法というものがあるという事でも無いようです。元々は商法や有限会社法そして商法特例法というものが会社設立法の変わりになるようなものといった感じのようです。これらを1つの法律にしたのが、新会社設立法というわけなのですね。

しかしそれだけでは、この新会社設立法というものが何なのかまったくわかりません、そもそも商法や有限会社法がどういったものかわからないので、それを1つにまとめたと言っても、わかったのは新会社法という名前になったぐらいです。この新会社法によってどんなところが変わったのかも調べてみました。

何処が変わったのか

さてさてどんなところが変わったかというと最低資本金規制と言うものが無くなったと言うのが大きな特徴のようです。今までの会社設立には、株式会社で1000万円、有限会社で300万円と言った資本金の最低額が遭ったようですが、しかしこの新会社設立法ではその最低資本金のが無くなって1円でも会社を設立できるようになっているそうです。

これは会社を設立したいと思っている人にとっては、とても助かる法律かも知れませんね。1000万円も300万円もけして安い金額ではありません、とても良いアイディアは、毎日100個ぐらい浮かんできてそのうち20個ぐらいは使えそうなのに、資本金がどうしても無くて会社設立をあきらめた無冠の帝王的な人もいるかも知れないですしね。そんなどうしても資本金を作ることができない人でも資本金の事を気にしないで、始められるのは良い事なのではと思います。

しかしですよ、その逆の意見もあると思うのです。この資本金1000万円や300万円という金額を集められないのに会社を設立して、成功できるのかということです。私が思うに、この資本金を集めると言うことは簡単な事ではないですが、この壁を乗り越えるからこそ自身や様々なことへの対応ができるようになってくるのではと思うのです。そのための準備や極端に言ってしまえば、人生の見習い期間がこの資本金が貯まるまでの期間なのかなと思うこともあります。

これによってすぐに倒産してしまう所が増えなければいいなとも思いますが、個人的にはこの新会社設立法というものは賛成です。やっぱり新しいことを始めるためのチャンスが多くなると言うことは、希望も出てきますし、働く意欲も大きくなりますからね。

そしてこの新会社設立法は、今まで、取締役を3人とその中から代表取締役を選んで、しかもその取締役を監査する監査人という人も出さなければいけなかったのが、取締役が一人で良いようです。

これで何かやりたいけど資本金の事や人の関係で始めることができなかった人も安心して自分のやりたいことができますね。。

check

2016/8/9 更新